04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
| Home |Next
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
徹底的S女生活。
海外に住んでいる大親友A子とは、
二十歳頃からの長いお付き合いです。
優しくエリートな旦那様と国際結婚して、
優雅な毎日を送るA子ですが
パワフルでノリはまるで関西人。
前職に勤めている時、
SMに興味があると打ち明けた数少ない友人で、
私がこの業界に来る過程の全てを見ています。

A子自身はSMに特別な興味が
あるわけではなかったのですが、
私がのめり込んでゆくのを見ていたので
キャリア浅いドミナよりはSMのことを
よく知っているかもしれません。
また、なぜか海外にいるA子の耳に
SMニュースが届くように仕組まれているようで・・・
本当に不思議な繋がりがあります。

A子にあるSMプレイの話が届きました。
ミストレスやドミナとは言えない、
媚態といった方がいい女王然としない言動、
醜態を聞いてご立腹のA子。
「それってどうなのよ、それってSMじゃない!
違うよねぇ!」
そしてA子が言ったのが・・・

A子
「リエちゃんちに行ったら
自分で靴脱がせてもらえなかったじゃない?
奴隷君が脱がせてくれたし・・・etc」

「・・・うっ!」

海外ベースになってしまったのもあり、
もうそこまで仕込む奴隷は所有しないと決めた。
(これには事情があるのよ)
S女と「女王様」は似て非なるものですが、
この頃は私生活も徹底的S女生活が
できる環境にあり、エンジョイしていた。
A子の話を聞いて蘇るあの時のこと。
リアルな感覚、空気観、我が家の様子・・・
自分の話だから当たり前か・・・。

A子
「家行くといつもエプロンつけた子いたよね?」

「ああ、○西ね!」
A子
「奴隷君たちが家のことやってたよね?
あ、運転手の子もいたよね。」

「あの子も面白かったねー」
A子
「私も送ってもらったことあったよね・・・etc・・・
皆きちんとしてたよね。リエちゃんが絶対だったし」

自分にとっては当たり前過ぎて
そんな具体的に考えたことなかったけど、
そうか、普通の人からすれば
そんな細部まで覚えているくらいの
濃い生活をしていたんだ、私・・・。

A子
「SMってそういうものでしょ!」

・・・徹底的S女生活こそが
SM、SMプレイ?であると誤解させてしまった。
面白いので否定はしない。このままにしておこう。
間違ってもないし。

A子
「躾けたりするのは好きだわ!私も!
最近わかってきたけど
私もできるかなというか、やってみたいなー。
日本きたらこっそりやろうかなー!
ははは!」


全然驚かなかった。
私よりS女向きだと
昔から思っていたからね。

スポンサーサイト
BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
奴隷としての旅 と S女心.
【ラム様】【この日】のブログに出ている本、
確か昔のSM誌で連載されてたものですよね?
M男性にすすめられたことあるし、
長い間、ラ・シオラ文庫にあったはず。

(ちなみにラム様は全然攻撃的じゃない。
楽しい女性です!)

ラ・シオラ文庫とはオフィスの本棚。
会員様からのおすすめ本やDVDが置いてる。
その棚がマックス重くなって最近傾き、
麻縄で縛っておいたら(笑)
【真珠様】が追加でまた縛ってくれた。
思わぬところで緊縛コラボとなったの。
麻縄で縛ってるあたりが
SM文庫ぽさを一層引き立てている
魅力的な本棚でございます。

・・・って本当は本棚も買いなおしたいし、
オフィスもイメチェンしたいのよ!
でもスーツケースとお道具がたくさんで
(レンタル品、女装品、溢れる鞭立て・・・etc)
頭を抱えること半年。
すごく広くもないけど、決して狭いオフィスではない。
しかしSMグッズに溢れている。
夏頃、またレンタル品を買い足す可能性もあり、
いい加減にしろ、自分!
と思うけど我慢できないだろうなぁ・・・
素敵なのよ、オランダやドイツのお店♥♥♥
日帰りでお買い物に行ける距離なので危険・・・

話はもどって上記の本の内容は
M男君がいろんなミストレスやドミナに
出会ってゆく内容だったと記憶してゆきます。
いや、出会うというより調教と躾の旅か。
たらい回し、使いまわしとも言う。
だんだん現実性を欠いてゆくわけですが(笑)
妄想炸裂で飛躍しっぱなし。

もっと昔、
ラ・シオラがオープンする前の話ですが
上記のようにたらい回しにされるマゾの物語か話を
読み聞きしたことがあります。
当時、SMクラブに所属していなかったけど
S女仲間とMy奴隷が数名いました。
お話の真似をしたくなった私は
My奴隷をSMクラブに連れて行ったり
S女仲間に回そうとしたのですが・・・
厄介なことになってしまいました。

たらい回しにしたくなった理由としては以下。
1)客観的にMy奴隷が遊ばれている姿を見ていたい。
2)S女様の躾のポイントがそれぞれ違うので、
いろんなS女様の躾を受ければ
最終的に完璧な奴隷になるのかな?と考えた。
(半分手抜きだね、これじゃ。笑)

ところが奴隷たちは捨てられると勘違い。
「僕に飽きたんですか?」
「何でそう言うことをするんですか!」
「私のことが嫌になったならはっきり言って下さい!
捨てられても文句はいいません!」
となったわけです。
結果、中途半端になって終わったと思う。

というか、次のMyブームが来てどうでもよくなった。
これ、若いS女様にはよくあるから心しておくように。
「いつまでもあると思うな、S女様のMyブーム」
「女心と秋の空」のS女バージョンだと思ってね。
なので、
このS女様の嗜好は私と同じだ!と思ったら、
その時が突撃のチャンスです。
年齢が若い、経験が浅いドミナの場合はとくにね。

そのMyブームが去ったからと言って、
嫌いになるとか全く興味なくなるとかじゃないの。
それはそれで自分の中で定着していくんだけど、
本来マニアってバランスが悪いものでしょう?
興味の対象が偏っている。
好きがゆえに偏っているからこそ面白い。
Myブーム期にM男君から得たこと、学んだことって
一生忘れないものじゃないかな?
これがM男性に育てられるということだろうけど。
【ルイ子様】【この日】のブログも
言い方は違うけど同じことよね?

こうして回帰しても私の頭の中には
この業界に入る前も含めて
大切な時期を共に過ごしたM男性が
頭をかすめます。
死んだ奴隷も含めてね。
ずっと忘れないと思う。

最近二十歳くらいのドミナ入店が続いてますが
本当に楽しそうに生き生きやってる。
彼女らもそういう存在のM男性が現れますように。

下記は【真珠様】に縛りを習う鈴蘭様。
【みか様】もモデルに協力して下さいました。
画像を見て過去の某売れっ子ドミナを
思い出したM男性もいるんじゃないかな?
よく似ていらっしゃいます。
嬉しいことに鈴蘭様の見学が一日増えたわよ。
また独立開始までの大まかなスケジュールが
決定したのでお知らせします。
4/23(土) 27(水) 30(土) 5/1(日) 2(月) 
15h00-22h00
独立予約は5/3(火) or 5/7(日)を予定。
今月中に画像をお届けできそうです。
暫くお待ちくださいね。
20160423suzuranのコピー



BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
出会いのチャーンス!
日本でフェティッシュイベントというと、
Kinkyな服を着て踊って騒ぐだけ・・・
という印象を持たれがち。
でもヨーロッパでは
出会いの場としていい役割をしてくれていた。

古い読者はご存知でしょうが、
ベルギーでSMファミリーとお互い呼び合う、
14人の仲間でSMの館をシェアしていました。
これも某国のフェティッシュイベントにて
あるM紳士に声をかけられたのが始まり。

それ以外にも
フェティッシュイベントでは思わぬ人と知り合い、
レア体験をたくさんしました。
とんでもない場所、セレブリティたち、秘密の招待、
普通じゃありえないことなど。
プロのドミナは滅多にいなくて
某国のドミナと、私を含む3名だけだった。

今でもそのことは片鱗たりとも
ブログやFB、インスタグラムにでることはないし、
私自身も書いたことも話したこともない。
もちろん、この先も。
その場にいる誰ひとりとして
携帯電話やカメラを取り出すことはなかったし、
今でも時代と逆行したまま。

BDSMの本質って結局、
あまりかわらない・・と思うけれど、
日本は移ろいが激しい気がする。
時間の流れがはやいのかもしれない。
でも、これういう感覚が
「面白い日本」を作っているんだろうな。
飽きる暇がないもんね、日本って。
何に対しても選択肢の多さがすごい。
それに比べると先述したことって
様式美に縛られ、時代遅れ。
常に移ろう面白い日本の真逆。
でも、それが現代では手に入りにくく、
価値あるものだとその場の人はわかっている。

海外のフェティッシュイベントに行くことがあったら、
華やかなステージだけでなく、
ちょっと地味な場所に時々目をやってみて下さい。
べニューの陰を通り過ぎた時、
暗闇から出没した紳士に声をかけられたことが
全ての始まりでした。
華々しい表より、
常に陰にも目を向けてしまう癖が
私をそういった世界に引込んだのかも。
今思えばね。
BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
雪村春樹先生とお弟子たち
ご存知でしょうが、
緊縛師の雪村春樹先生が
永眠なさいました。

雪村先生と初めてお会いしたのは
ラ・シオラのオープン時、19年前。
当時在籍していたドミナの紹介でした。
緊縛講習をしていただき、
その後も何人かがお世話になりました。
その中でも雪村先生と繋がりが最も深いのが
【紫さん】です。

彼女は雪村先生のお弟子であり、
日本人、かつ、女性として
初の雪村流緊縛のトレーナー認定を受けた
緊縛師でもあり、雪村春晏という名を持ちます。
(トレーナーは世界で15人とか。すごいですね!)

紫さんは雪村先生の海外講習や撮影に
同行することもありました。
紫さんは現在、英語の勉強で短期留学中。
実は、海外の講習会のお手伝いの為に
もっと英語力を磨きたいと決めたものです。
紫さんが出発して1週間も経たないうちに
雪村先生が逝ってしまわれました。

現在、紫さんが頑張っている勉強は
雪村先生の意思を継ぐ力になるでしょう。
隣で見てきたものにしかわかりえないものの
意味はすごく大きい。
意思、空気、気、間・・・それらは
隣で感じないと知ることはできない。
それらを伝える役割があるのは
本当に素晴らしいこと。

【真珠さん】の緊縛師名は
「雪村春🌀」(ゆきむらはるうずまき)。
当時、真珠さんのトレードマークであった
茶髪の巻き髪をうずまきとして
名前に付けて下さいました。
(うずまきのフォントがなくて残念ですが)
真珠さんが嬉しそうに報告してくれたのを
よく覚えております。
雪村先生のセンスが光る素敵な名前。

雪村流の緊縛を受け継ぐふたりが
当店に在籍していることを誇りに思います。

雪村先生、長い間、有難うございました。
ゆっくりお休み下さい。



BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
死んだ奴隷と世間の「女王様」というもの。
偶然見つけて笑ってしまった。
「世間の思う女王様ってこんな感じ」
という王道。動画見て笑って下さい。
しかし、核心ついたところもあるので
ニヤリとしてしまいました。

私は国も治めてないのに
女王様という言葉を使うのは嫌いなんだけど
某M男性に言わせると
「お許し下さい、女王様。」
ここまで言わないと気分が乗らないそうだ。
嫌だけどマゾになって呼ばれてあげるよ、
「女王様」って。
でも、確かに語呂はいいわね。
オユルシクダサイ、ジョーオーサマ。

「女王様とお呼び!」
実際そんなこと言わないけど
世間の人はそんなセリフを
本当に使っていると思っているのだろうか?
ジョーオーサマ ト オヨビ!
あれ?これも語呂いいなぁ。
いいものが受け継がれて残るように、
この語呂も(ネタとして)残すべきかもしれない。

ここはあえて女王様という言葉で話を進行するわよ、
ブタども!!
あ、SMブログぽくなってきた。
久しぶりだな、こういうの。
ヽ(・∀・)ノ
ブタっていうとなんか気持ちいいね。
なんだろう、この気持ち・・・
熱いものがこみ上げてくるよ。
世界に向かって思いっきりブタ呼ばわりしたくなってきた。

初心者マークの女王様の頃、
確かにやたら威張ろうと力んだ経験あり。
初SMプレイは17歳でしたが、
当然たいしたことも出来ないし、
SMらしい形を成してなかった。
そして、SMクラブというものを知って心がときめいた♥
それはそれはもう、ドキドキドキドキ・・・
や、やりたい!!と。
後に「女王様」となった時には高揚したわよ。
コスチューム着て、目の前にM男がいるだけで
卒倒しそうなくらい気分があがった。
でも・・・

む、難しい。
頭の中に漠然としたイメージはあるのに
何をすればそうなるんだ!
ただひたすら目の前で土下座している
M男性の後頭部だけ覚えてる。
何をすればいいのかよくわからないけど
無闇矢鱈に気分だけあがるーーー!!!
・・・しかし、何をすればいいんだ?焦る!

・・・遠い昔のことなのでよく覚えていないけど
きっとこう↓思ったはずだ。
「と、とりあえず何でもいいから
い、威張ろう!!
威張らなくっちゃ!!」
<(`^´)>
いや、間違いなくそう思った。
でも頑張って威張っても数分しかもたないんだよね。
結局、後半はわりと自分のままでプレイしてたと思う。
何度も来てくれるM男性がほとんどだったので、
プレイを何度か重ねた時に素の自分がいて
「あ!もっと威張らなくっちゃ!」
と気を取り直したことも何度かあったと思う。

・・・そう考えると・・・
私もこのYou Tubeの女王様と
同じようなものだったかも。
初心者マークの時から今も付き合っているお前たち・・・
長くなったよね。
最近ベビードミナ入店が多かったせいか、
今現在会ってないM男性のことも
自分の新人時代と合わせてとてもよく思い出す。

私、M男性や奴隷というものに
すごく恵まれていたと思う。
本当に恵まれていた!
自分でいうのも何だけど、
私よりM男性や奴隷に恵まれていた
女王様を見たことがない。(結構マジ)
ほんとーに楽しかった!!
今、奴らに会えたら楽しだろうなぁ。
もう死んじゃったのもいるけどね。あはは。

「お盆だから墓石に聖水でもかけに行ってやるかね」
昔の話だけど、ご高齢の女王様の言葉を思い出した。
長い時が過ぎても、死んだ奴隷のことを忘れずにいらした。
この言葉聞いた時に心が震えた。
私もそうしたかったけど
死んだ奴隷は私に連絡できないし、
お前のお墓の場所知らない。

「お盆だから墓石に聖水でもかけに行ってやるかね」
そんな粋なセリフを言ってみたかった。
さよなら、○井。
心の中でもお前にさよなら言うの、初めて。
お前のこと、今日何故か思い出したよ。
初心者マークの女王様の自分に
タイムスリップしてしまった。

*動画の中で子供が登場しますが
子供の前では絶対ダメです。
子供の頃にSM雑誌を拾ったことから、
今私はここにいます・・・。

BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
| Home |Next
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。