09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
レストランはレストランで終わらせちゃ駄目なお話。



初めてのレストランに連れて行っていただきました。
広尾のひらまつです。お名前は存じ上げておりましたが、足を運ぶのは初めてです。
自分でセレクトするといつも同じお店ばかりになってしまうので新鮮でした。

お食事もお任せ致しました。
これも、自分でオーダーすると、いつも同じになってしまうからです。

白壁にウッディなインテリアが落ち着きをもたらし、お話も尽きません。
インテリア大好きな私は、きょろきょろしてしまいますが、ここは我慢。
シャンパン・・・やっぱり美味しい。もちろん、お食事も♪ほっぺが落ちてしまいます。

帰り道、左ほっぺがないことに気がつきました。・・・うそぴょん。

○○さんはレストランとワインにお詳しいようです。
ワンパターンですから、情報をいただき、行動パターンを変えてみます。

幅広く存じませんが、私のおすすめレストランを有名どころで言うと・・・

ロアラブッシュ、小笠原伯爵邸、とくに好き。
絶対行きたい季節があるのがQ.E.D.CLUB。
次に、ジョージアンクラブ、ロブション、ロビンズクラブ。

代官山のASOも中庭と大きな木があって休まる場所です。
よく行くのですが、いつも犬が一緒だからカフェばかり。
レストラン未体験ですが、ここも素敵でしょうね。

後は、有名ではないだろうけれど、細かいところもいくつか。
ビルの中にあるレストランはあまり行かない。空気が薄い感じがして。
お買い物も路面店の方が好きだし。

お屋敷レストランばかりあげるので気取っていると勘違いされること多。
でもね、実は逆なのですよ。田舎出身ですから、変なところが敏感なだけ。

日本人って都会に対する対抗性がやたら強いじゃない?私はそれについてゆけないのです。
ヨーロッパ生活もベルギーだったから良かった。
パリやロンドンだったら息つまっていたかもしれない。

要は田舎者の血が、お庭のあるレストランに向くのです。
緑の中でお食事するのは特別なことではなくかったからけれど、都会で求めると贅沢になってしまう。

一番の贅沢は・・・山奥のお蕎麦屋。清流と水車は欠かせない。
車で時間かけて行かなきゃいけないところ。まだ一度しか行ったことが御座いません。
長野でしたが、お店の名前や場所を忘れてしまったのですよね。
関東にもそんなところがあるのでしょうか?

思いっきり場所が飛んでしまいますが、もうひとつ有名どころでオススメ。
南仏のエズの村にあるホテル【Chevredor】(黄金の羊の意)の中のレストランです。

偶然にもここについて書いたサイトをみつけました!
改めて書くより早いので見て下さい。→【地中海を見下ろすホテル】

今は情報が簡単に入りますが、私が初めて行った15年くらい前はこういうわけにはゆきませんでした。
このホテルのサイトに日本語が出来たなんで驚きだわ。
「日本人は滅多に来ない、○人目だ」っておっしゃっていたのにね。
(今年って意味なのか今までなのかは不明。)

その頃は20代、全然ヨーロッパに慣れていなかった。いえ、旅そのものに慣れていなかった。
一般的なパリやロンドンを体験する前に、いきなり南仏のこんな素敵なところに来てしまったのです。
浮かれるばかりで、石畳の迷路や煉瓦の隙間を行ったり来たりしていました。

ある絵画に着物ぽいお洋服を着た女性があり、ある人がその絵を見て、私に似ていると言いました。
数名がその絵画を見て、うん、似ていると言いました。
着物ぽいものを着ている=日本、だからイメージが繋がって私に似ていると言い出しただけでしょう。
英語と仏語のごちゃごちゃで、おまけにみんないっせいに話すので、を言っているのかよくわからなかったのですが・・・
私に似ているのはその着物を着た女性ではなく、隣のペガサスの目でした。(笑)

ペガサスの目ぇ?????!!!!!!!
・・・とがっかりした私でした。でも、今思うと嬉しいことかもしれません。
なかなか鋭い視線のペガサスでした。

レストランの窓際の席で、絶壁から碧い海を見下ろしながら、
こんなところで誰かを殺す時は・・・なんてサスペンスめいた話をお食事をしました。
ご一緒した男性は仕事の関係者。
Mかどうかも不明ですけど、女が(私が)男を(あなたを)殺すという設定が当たり前でお話が進みました。(笑)
「こんな素敵なプレゼントしてる僕が一番奴隷らしいのではないか?」
なんて言葉が出たので、そういうセンスをお持ちだったのかもしれません。
いろいろと広い視野を与えて下さいました。

私の世界観は、
主にこういった体験?こういった場所?で深くすり込まれたのではないか?と強く感じる今日この頃です。
石壁、石畳、絶壁、絵画、礼拝堂、重厚な扉、梁、銀色に輝くカトラリー。

彼女、彼と特別なレストランでお食事する時、
レストランをレストランで終わらせないことをオススメ致します。
レストランは談話室である。
レストランはインテリアショップである。
レストランは美術館である。
レストランはSMクラブである。
レストランで終わらせるような相手は、即座に厨房の生ゴミ行きにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト
ヨーロッパ/旅行】 | top↑
| Home |
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。