09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ABBEY LINCOLN  【First Song】
先ほどに続き、もうひとつジャズの思い出を。

同じくベルギーでのお話だけど、
マル=ウォルドロンさんご一家と共にジャズのライヴに連れていっていただいた。

ジャズの女王らしい風格とパワーの持ち主だと教えていただいた。
そうして訪れたのがアビー=リンカーンのライヴ。
女王が手を開けばオーラに包まれ、
女王の声が高らかに響けば、人々は圧倒的なパワーにかたまっていた。

楽屋にお邪魔して、マルさんとアビーさんのお話の場にご一緒させていただいた。
ビリー=ホリディを始め、お亡くなりになったジャズミュージシャンの思い出話に花が咲き、
私は場違いなところに居合わせてしまったようにばつが悪かった。

いやだったのではない。あくまでも、ばつが悪かっただけ。
すご過ぎる。マルさんもアビーさんも。迫力が違う。
同じ場所にいながらも、異なったふたつの時代が進行しているかのように、私だけが身を潜めていた。

長い時間を知っているってすごい。
歴史を積み重ねたってすごい。
仲間と昔を懐かしむまで、永く生きていられるってすごい。
私にもそんな日が訪れることはあるのだろうか?生きているのだろうか?

アビー=リンカーンの【First Song】・・・これも雨の夜にしみるなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
アート/シアター/DVD/本/音楽・・・】 | top↑
| Home |
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。