09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
死体にすらなれない。

犬や猫の特集をよくするCreaという雑誌を手に取り、
微笑ましい犬たちの写真の並ぶページをぺらぺらと眺めていた。
あるページに手を止めざるを得なかった。
そのページには何とも言えない悲しさが溢れていて、
その理由を30秒後に知った。

前もこの雑誌で特集していたけれど、
保健所で「処分」されてゆく犬たちの記事だ。
写真を見て悲しさを感じたのではなく、
悲しさが溢れていたから、手が止まった。

まさに「抜け殻」となった犬たちが「廃棄」される写真。
死体や遺体と言うよりも、
もっと無機質なモノ化した犬たちに心が痛む。
愛や喜びを受けた生を過ごさないと、
「死体にすらなれない」のかもしれない。

「日本に真のジャーナリズムなし。」
そう思っていたけれど、こんな写真が掲載されるだけで
灯火はあるのかもしれない。

受け手の心が鈍っているのかな?
こんな悲しい写真が何度も掲載されているのに、
どうして事態は改善されないのだろう?
人間って意外と理性も良心も小さいのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
プチ健康/スポーツ/自然崇拝/動物】 | top↑
| Home |
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。