03≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05
| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
昔のSM、今のSM
昔と今ではSMは変わった?
日本と海外のSMは何が違う?
よく受ける2つの質問です。
今日はひとつめの質問について書いてみます。

昔も今もSMの根本はそんなに変わっていない。
変わったのは人、プレイヤーではないかと。
S側は嫌われるのを恐れる人が多くなった。
昔のM男性は脳味噌が精子だったけど、
今のM男性の脳味噌はタブレットです。

この間、某S女様と
嫌われるのを恐れるSが多くなったよねと話したの。
(許可とってないので名前は伏せます。)
これはМ男性もよく言うことなのよね。
SMの世界に限らず、安全圏で遊べる範囲で済ませる、
小さく収まる人が多くなったのは間違いない。
善し悪しは別としてちょっと可哀想。
でもSMの世界、とくにSが、
安全圏内で主張しているのって・・・どうかしら?
すごく惜しいのよね。

SとMって地道なすり合わせの繰り返しで
何かを育んでゆくような気がする。
パズルのように最初から全てがピタリと合うなんて
そんなにはないはず。
歪んだパズルを合わせてゆくのも面白い。
小さな接点を広げていったり、
Mをどう納得させるか戦いを挑んだり、
逆にМから世界を広げてもらったり・・・
そんなことを繰り返して何かを育んでゆく。
・・・うーん、うまく言葉で言えないんだけどね。

「勘違い女王様」という言葉がある。
勢いあるS女さんは短期間ですが
そんな時期を過ごすこともある。
しかしM男性の嗅覚って素晴らしくって
誰が金の卵かをしっかり嗅ぎ分けている。
「金の卵の中の勘違い女王様」が孵化した時、
「立派な女王様」が生まれてきたり。
М男性のすごいところは
(ただの)「勘違い女王様」の孵化を待つことはない。
それどころかきっぱり見切る。
そもそも、ただの勘違いじゃ孵化しないしね。
なんでわかるのか不思議なんですが、
奴らが待つのは「金の卵の中の勘違い女王様」限定。

長くなったので続きはまたね。

In English--->[here]
関連記事
スポンサーサイト
BDSM/Fetish(LaSioraとわけました)】 | top↑
| Home |
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。