09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
TimelyEurope:ゲント1
お届けが遅くなりました。今ゲントからブリュッセルに帰る電車の中です。

本日はフランドル伯の城見学。拷問具も展示されています。
この様子はいづれシオラのウェブサイトのギャラリーでお届けできるかと思いますが、とりあえず簡単画像をお届けしますね。

ギロチン


このギロチンの、切り落とした首が入る袋(多分、麻)、何か新しくってキレイなのになっていてがっかり。
前は本当に使用していたんじゃないか?ってくらいの、いい汚れ具合のだったのになぁ。

拷問


拷問の絵とそのお道具を、揃えて展示してあります。親切。中にはこんなお人形も。
そういえば、アムステルダムの蝋人形の博物館、マダムタッソーでは、腹裂きの人形もあった。

エスカレートする大衆心理、おそろしいですねぇ。
こんなことがあちこちで行われていて、世界中に拷問の話があるとは。

そんな残酷な歴史の遺物、SM道具。
そんなものを使って遊ぶ私達も、またいけない人間です。
でも、その行為のベースに、愛と平和があったりするのが興味深い。

BDSMを通じて、言葉不便な異国の友人や奴隷が出来て、より関係を深めることができた。
時には戦争の原因にもなる宗教の違い、文化や風習の違いすら、
BDSMの世界では、寛容に認め合ったりもしている。

面白い。
関連記事
スポンサーサイト
日常のあれこれ】 | top↑
| Home |
プロフィール

Rie ASAGIRI

Author:Rie ASAGIRI
Love
狼 月 秋冬 革 ラバー 帽子 手袋 鞭 大道芸 サーカス


LA SIORA website


メルマガ”ヨーロッパ通信”

文字大きさ調整
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Enlglish translation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。